外貨両替で手数料を抑えるコツ|快適な旅をするために

口座を作るには

オペレーター

業者選びと手続き

FXを行いたい場合にはFXを扱っている業者に口座開設を行わなければなりません。FXを取り扱っている業者としては、金融先物取引業者と証券会社、ネット銀行などが知られます。以前は専業の金融先物取引業者が中心でしたが、現在は参入社が多くなり大手証券会社やネット銀行でも可能です。また取引はすべてオンライントレードで行われるので、インターネットが利用できる環境である必要があります。業者の選び方としてはスプレッドの狭さがポイントです。一般的な金融商品では固定された手数料を徴収するか1日の売買代金に応じて手数料を徴収する仕組みとなっていますが、FXではその多くが固定した手数料は無料とし、スプレッドによって収入を得ています。スプレッドは実際にレートに対して上乗せされるもので、これが実質的なFX業者の収入となっています。ドルやユーロ、日本円といったメジャー通貨間のスプレッドはどの業者ももっとも安い水準にありますが、それ以外の通貨では業者間で違いがあります。口座開設は簡単に行えます。FXは証拠金取引で一種の信用取引に近いものですが、株式の信用取引とは異なり、審査はほとんどなく口座開設も通常の証券口座や銀行口座を作る感覚で可能です。口座開設に必要なものとしては身分証明書とマイナンバーで、書類を送付できる住所があることが前提です。また手続きもオンライン上で行え必要書類もデジカメやスキャナで読み取った画像データを電子メールや専用の送信フォームを使うだけで送ることができ、1週間もあれば取引を始めることができます。