外貨両替で手数料を抑えるコツ|快適な旅をするために

オペレーター

口座を作るには

FXを行うためにはFXを仲介している業者で口座開設が必要です。業者としては金融先物取引業者、証券会社、ネット銀行などが知られます。いずれも取引はオンライントレードで行われるので、インターネットに接続できる環境が必要です。

グラフ

初心者にお薦めの投資

投資信託はファンドに資金を預けて、ファンドの専門家達に投資を行ってもらう投資方法です。個人が分散投資を上手くするのは簡単な事ではありません。しかし、投資信託を購入する事で、投資ファンドに分散投資を行ってもらえます。

お金を持つ人

海外業者で取引を行う

海外FX業者で口座開設するには海外FX業者のホームページから直接申し込むことが出来ます。身分を証明する公的書類や現住所を証明する本人宛の郵便物や銀行・クレジットカードの利用明細などが必要になります。ホームページ上から送信するだけですぐに海外FX業者での口座開設が完了します。

外国通貨の交換所

男性

交換がお勧めなのは

海外へ旅行に行く、または帰国する際に持っているお金をそれぞれの国の通貨に両替しますが、その際にかかるのが交換手数料です。もし外貨両替をするのであれば日本で行うのが良いと言われています。海外でも勿論現地の銀行や空港などで外貨両替できますが、手数料が日本よりも割高になることが多いからです。それに手続きに際して言葉の壁もあるので言語が通じる日本で外貨両替をやっておくことです。国内の外貨両替所ですが、空港や金融機関、チケットショップで行うことができますが、当然ながら交換手数料のレートはバラバラになっています。最も交換手数料がかかるのが金融機関です。例えばアメリカドルへの交換手数料は一ドルにつき3円前後が相場と言われています。アメリカに旅行に行くとして現地で使用するためのドル通貨を10万円分所有したい場合に一ドル100円の計算で1000ドルを交換することになります。そうなると交換手数料は約3000円という計算になります。これがマイナーな通貨になると更にレートが高くなるようです。各金融機関の交換手数料においては多少ばらつきはあるものの総じて交換手数料が高いと認識しておくことです。空港は金融機関とほぼ同額くらいですが、交換場所は多くの人が利用するので混雑する可能性があります。しかし金券ショップは空いていることが多く、かつ金融機関や空港よりも有利なレートと手数料で外貨両替をしてくれます。先ほどの同条件で500から1000円近くまで安く利用できます。金券ショップよりも手数料が安くなる方法はFX口座を利用することです。本来FX口座から現金を引き出すには日本円になるのですが、一部FX会社では外貨交換が可能なのです。引き出し手続きをした外貨は銀行や空港で受け取れる手筈となり先ほどの条件で1000円もかかりません。交換手数料を安くしたいのであればFX口座での交換がお勧めです。